MENU

短期間でO脚を治すことは可能?

短期間でO脚を治すことは可能?

生まれた時から先天的な異常のためにO脚という人もいますが、ほとんどの場合には生活習慣や癖など後天的な原因によって脚が湾曲してしまいます。

それまでは真っすぐだった足が、ある日突然アーチ状に湾曲してしまったということはなく、毎日のクセや生活習慣によって少しずつ湾曲が進行してしまいます。

スポンサーリンク
 

O脚になるまでに時間がかかっているため、矯正する場合にも長い期間がかかることを覚悟で改善法に取り組みたいものです。

しかし、効率的にO脚を根本的な部分で改善できる方法なら、短期間でも大きな効果を実感することができます。

その方法はいろいろありますが、両足の内側にグッと力をかける方法がおすすめです。

足をくっつけて直立した時に、O脚の場合には膝小僧の部分はくっつきませんし、くっつけるためにはかなり足の内側に力を入れなければいけません。

O脚矯正に必要な筋力を鍛える方法

そこで足の間に本を挟んだり小さなボールなどを挟み、落ちないようにグッと足の内側に力を入れることによって、O脚矯正に必要な筋力を鍛えることができるので、短期間でも効率的な矯正効果が期待できます。

短期間で改善できるかどうかは、どのぐらいO脚が進行しているのか、その度合いによっても異なります。

軽度の場合には、1週間ぐらい改善ストレッチをしてすっきりと解消できる人もいます。

しかし、足をそろえて立った時に、膝だけでなくくるぶしや太ももなどの間にも隙間ができていて、足全体が大きくアーチを描いているような湾曲をしている場合には、どんな方法でも短期間でスッキリ改善することは難しくなります。

この場合は、専門家に相談しながら気長に矯正治療に取り組む必要があります。

どんな重度でも、毎日コツコツと正しい方法で治療を行えば、少しずつ改善することができます。

あきらめずに継続することが、O脚の矯正では必要なのです。

治療法に励むだけでなく、これ以上O脚をひどくしないような歩き方や座り方、姿勢をマスターできるように心がけることも、大きな効果が期待できます。

 

O脚を改善できるサポーター

O脚を改善できるサポーター

O脚矯正グッズの中でも、日常生活の中で継続してO脚を改善する効果が期待できる便利なグッズの一つに、サポーターがあります。

エクササイズやヨガをしてみたけれど、長く続けられなかった人や、運動をすることが嫌いな人などにとっては、サポーターを使った改善法が最適です。

スポンサーリンク
 

O脚改善のためのグッズには、履くだけで足のゆがみが改善できるサンダルやスリッパなどもありますが、場合によっては足首や膝が痛くなってしまうというデメリットもあるので、そうしたグッズが使えなかった人でもサポーターなら無理なく使えるのではないでしょうか。

O脚改善サポーターの特徴

O脚改善サポーターの特徴は、特に運動をしたりしなくても、着用しているだけで自然とO脚が改善できるという点です。

ファッションによっては服の下に装着したまま一日を過ごすこともできますし、普段の生活の中でO脚を改善しようと意識しなくても、サポーターが筋肉に直接働きかけてくれるので、効率的に足のゆがみを矯正できます。

サポーターを販売しているメーカーはたくさんありますし、それぞれコンセプトやデザイン、締め付けの強さなどが異なります。

ネットショップなどで購入する場合には、試着してみることができないので、体にピッタリのものを見つけるのが難しいのですが、できればショップに足を運び、いろいろなグッズを試着しながら、着用時に快適に過ごせるものを見つけるようにしましょう。

サポーターは、足首用、太もも用、ふくらはぎ用など、いろいろなタイプがあります。

O脚の場合には、膝下がねじれているので、まずはふくらはぎ用を準備し、足首や太ももの間にも隙間が目立つ場合には、これらのアイテムも併用すると良いでしょう。

足の太さなどは個人差がありますし、サポーター自体の締め付け具合も異なるので、サポーターを選ぶ際には、締め付け方やサイズを何段階かで調整できるものを選びたいものです。

きついのを我慢して着用していると、血行が悪くなってうっ血してしまうこともありますし、血行が悪くなることで別の疾患を引き起こしてしまうことも考えられます。