MENU

O脚ってどんな脚?

O脚とは

両足首をピッタリくっつけて起立してみてください。

この時、左右の足首と膝がピッタリくっついて、足の間に隙間ができていなければ、O脚ではありません。

スポンサーリンク
 

そもそもO脚とは

O脚と言うのは、両足をくっつけて立っていても、左右の足が外側にカーブしていて、足と足の間がアルファベットの「O」のように空いてしまっている状態のことを指しています。

日本人にはO脚が多いと言われていますが、その原因にはいろいろなことがあります。

生まれた時から赤ちゃんの時にはすでにO脚という人は極めて少なく、ほとんどの場合には日常生活や生活習慣などが原因で起こります。

O脚の原因

その中で日本人にとても多い原因の一つに、お尻を落として床に座るという生活習慣があります。

欧米では床に座るという習慣がなく、小さな子供でも常に椅子に座るため、O脚の人はとても少なくなっています。

最近では日本人でも床に座る習慣を持たない人が増えているとはいえ、畳の部屋では床に座ることになりますし、学校でも床に座る機会はとても多いものです。

お尻を落として座る機会が多いと、骨盤が開いたり骨格がゆがんだりしやすくなるために、O脚になりやすくなってしまいます。

特に、骨格が完全に形成されているわけではない小さな子供が床に座る習慣がついていると、O脚になりやすくなってしまいます。

女性のO脚の特徴

女性の場合には、大人になってからO脚になってしまうケースもあります。

これは、出産などによって骨盤が開いてしまったり、慣れないハイヒールを履いて姿勢が悪くなってしまうことも原因として多くなっています。

また、慢性的な運動不足で筋肉が弱くなったときも、骨を支える筋量の低下で骨が変形しやすくなってしまうこともあるようです。

O脚にならないためには、骨格がかたまってしまう以前の幼少期から、足が曲がらないための予防策を取る必要があります。

床にはできるだけ座らずに椅子に座るように心がけるだけでも大きな効果が期待できますし、姿勢が悪いと足の形も悪くなりやすいので、正しい姿勢で生活することもO脚防止になります。