MENU

O脚の原因は骨盤の開き

骨盤

O脚の原因には日常生活における生活習慣や、女性の場合には出産などいろいろなものがありますが、これらの原因によって体内で何が起こるかというと、骨盤が開くことによってO脚になるというメカニズムとなっています。

真っすぐな足の骨そのものが左右に開いたようにカーブしてしまうというわけではなく、骨盤が開くことによって関節部分の骨格がねじれてしまうことがO脚の原因です。

スポンサーリンク
 

骨盤が開くと、なぜO脚になりやすいのでしょうか?

例えば床にお尻を落として座る習慣があると、体の左右バランスが崩れやすくなり、骨盤は開きやすくなってしまいます。

骨盤が開くことによって、骨盤に接続している太ももの骨が揃側に湾曲してしまいます。

O脚が起こるメカニズム

下半身の骨格は、毎日の生活の中で体重を支えているため、左右に湾曲した骨に上から体重という負荷がかかるため、その位置で固定されてしまうのです。

しかし、膝から上の骨格は外側に開いた感じに湾曲してしまっても、膝下の骨は足首とつながっていて、真っすぐな状態を維持しようとします。

そのため、膝上と膝下の骨が接する膝の部分では、接合部分がねじれた状態となり、それが正面から見ると足が左右に開いた状態に見えてしまうという現象が起こります。

これがO脚が起こるメカニズムです。

O脚は、一度なってしまうと簡単に治すことができないため、小さな子供の場合には大人がしっかりと気をつけて予防することが大切です。

特に就学前の小さな子供の場合には、体重も軽いですし骨も正常な状態へと戻りやすいので、この時期にはあまり床に座るという習慣は控えたほうが良いです。

もちろん、日本の文化においては床に座って正座をすることが行儀やマナーとなっているため、そうした行動を避けて生活するのは難しいかもしれません。

子供の行儀という点では床に座って正座をする習慣は大切ですが、足が湾曲してしまうとなかなか治すことができないので、時間とコストが膨大にかかってしまうことになります。