MENU

病院でO脚を治すことはできるのか?

O脚矯正グッズの注意点

生まれた時から先天性の骨格異常などが原因で、どうすることもできないO脚という人は存在します。

しかし、O脚で悩んでいる人の大半は、毎日の生活習慣や癖などによって少しずつ真っすぐの足が湾曲し、気が付いた時には足がアーチを描いてO脚になってしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

O脚は骨盤の開きが原因となっているので、改善するためには根本的な部分を解決しなければいけません。

しかし、知らないうちに骨盤が開いてO脚になってしまった場合には、何をどんな風に改善すればよいのかも分からないことが多いですし、知らない間にどんどんO脚が進行して、悩みやコンプレックスになってしまうことも少なくないのです。

病院でのO脚治療は整形外科

O脚で悩んでいる人の中には、整形外科を受診して治療を受けたいという人もたくさんいます。

O脚の度合いや日常生活にどのぐらいの支障が出ているのかによって治療方針が決まりますが、長い年月をかけて少しずつ進行したO脚を治すためには、やはり同じくらいの年月がかかってしまうことは、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

病院を受診すると、カイロプラクティックでの治療を勧められたり、場合によってはオステオパシーという治療法を勧められる場合があります。

長期間続けて通院すれば、ひどいO脚でも少しずつ改善することはできますが、健康保険が効かない治療となるため、長期間にわたる治療費はかなり大きくなってしまうことは覚悟しておきましょう。

骨に異常がある場合や、骨格系の病気の場合には、手術をすることで治療できる場合があります。

しかし、どのような場合でも手術可能というわけではありませんし、後天的な原因で足が湾曲している場合には、生活習慣を見直すようにとアドバイスを受けることが多いので、手術という治療法は最終的な手段と考えたほうが良いでしょう。

病院で治療を受ける場合には、正しい方法で治療をしてもらえるので、続けることで確実な効果が期待できるというメリットがあります。