MENU

O脚とガニ股との違い

O脚を治す座り方

O脚は正面から見ると左右の足が外側に開いている状態なため、ガニ股のように見えてしまうという特徴があります。

O脚はガニ股だと思っている人も多いのですが、実際にはこの二つは全く異なるものです。

スポンサーリンク
 

どちらも足が湾曲していますし、膝がねじれている状態ですが、膝が内側にねじれているのか外側にねじれているのかによって、O脚とガニ股にははっきりとした違いがあります。

まずO脚の場合には、足をピッタリくっつけた時に正面から見ると、膝小僧が内側に入っているように見えます。

ガニ股の特徴

一方、ガニ股の場合には膝小僧が外側にねじれているのが特徴で、女性よりも男性がなりやすい現象です。

太ももの骨はどちらもねじれていますが、ねじれの向きが違うことによって体型にも大きな影響があります。

O脚の場合には、骨盤が開くことによって太もものほねが外側にねじれてしまいます。

生活習慣などを改善せずに放置してしまうと、このねじれによって骨盤がどんどん開きやすくなり、結果としてお尻が大きく見えるという結果になります。

一方、ガニ股の場合には、太もものほねが外側にねじれるのですが、原因は骨盤ではなく歩き方と姿勢にあるため、太ももが外にねじれることによって骨盤がキュッと小さく閉じるので、その結果お尻は小さく見えることになります。

正面から見た感じはO脚もガニ股もそれほど大きな差はないように思えますが、ねじれ方が違うと体型にも大きな影響が出てしまうのです。

原因が異なるO脚とガニ股は、改善法や矯正法も異なります。

どちらも、生活習慣を見直して原因ごと取り除く心がけは大切ですが、それぞれ症状の度合いや年齢、生活習慣などによって適切な矯正法は異なるので、自分で判断して無理な方法で矯正しないようにしましょう。

無理な方法で行うと、痛みが生じたり関節痛の原因になる可能性があるので危険です。

特に症状がひどい場合には、事故を防ぐためにも専門家の指示に従って矯正するようにしてください。