MENU

O脚矯正グッズの注意点

O脚矯正グッズの注意点

いろいろなメーカーからアイデアたっぷりの商品がラインナップされている「O脚矯正グッズ」。

サンダルやスリッパ、サポーターにテーピング、靴の中に入れるインソールなどライフスタイルに合わせて便利に使えるグッズがたくさん販売されていますが、これらのグッズは上手に使ってこそ、O脚を永久的に改善できる効果が期待できます。

スポンサーリンク
 

間違った使い方で継続してしまうと、足の湾曲が改善できないどころか、足首や膝、腰の痛みを引き起こす原因となったり、他の疾病を引き起こすリスクもあるので、使用する際には必ず説明書をよく読んで、どんなメカニズムでO脚が矯正できるのかを理解した上で使用するようにしてください。

O脚矯正グッズの活用法

また、O脚矯正グッズを使用しながら、骨格や筋肉を元の状態に戻せるエクササイズや体操なども並行して行うと、より短期間で確実な矯正効果を実感することができます。

例えば、O脚矯正グッズとして大人気のサンダルを履くと、サンダルの内側が傾斜になっているので強制的に足を内側に傾けることでO脚に見えない脚を作ることができます。

しかし、これはサンダルを履くことによって真っすぐな脚に「見える」と言うだけで、決してO脚そのものが矯正されたというわけではありません。

足のゆがみは、骨盤が開いたことで骨がゆがみ、周囲の筋肉が硬くなってしまったことで起こる症状なので、根本的な部分から解決するためには、筋肉をストレッチして柔らかくし、骨を正常な状態で固定できるようにエクササイズをする必要があります。

グッズを使うことは、意識しなくてもO脚を矯正できるように筋肉や骨に働きかけることができるので、使わないよりも確実な効果が期待できます。

しかし、グッズと合わせて筋肉を鍛えてあげれば、より大きなO脚改善効果が期待できるだけでなく、元に戻りにくい真っすぐな脚へと近づくことができるのです。

長い年月をかけて湾曲した脚は、気をつけていないと筋肉の収縮によって元の位置に戻りやすくなっているものです。

元に戻らない真っすぐの足を手に入れるためには、筋肉も正常な位置へと戻してあげると良いでしょう。