MENU

O脚と身長の関係

O脚と身長の関係

脚がO脚だから身長が伸びないとか、足が真っすぐだから身長が高いということは決してありません。

思春期の頃には誰でも成長ホルモンが活発に分泌されるので身長が伸びますが、成長ホルモンの分泌量を決めるのは睡眠などの生活習慣であり、骨の彎曲とは関係がありません。

スポンサーリンク
 

しかし、O脚は足が湾曲しているという症状なので、O脚を改善することによって足が正常な位置に戻り、身長が数センチ高くなることはあります。

O脚を改善することによって成長ホルモンが分泌されるというわけではなく、アーチ状に湾曲していた足を正常な状態に戻すことによって、本来の真っすぐな脚の場合の身長へ近づくことができるというわけです。

どのぐらい身長が高くなるかは人によって異なりますが、目安としては1センチ~3センチ程度、O脚がひどい場合などには矯正することで身長が5センチも高くなることも十分に可能です。

O脚を矯正すると身長が高くなる?

身長が高くなる際に大きな役割をしている成長ホルモンは、赤ちゃんの頃から大量に分泌されますが、思春期の頃にピークを迎え、多くの場合20歳前後には骨の成長をサポートすることがなくなります。

20代以降でも成長ホルモンは分泌されますが、骨を成長させて身長を高くすることは少なくなります。

思春期にO脚を矯正するのと、大人になってから矯正するのとでは、矯正にかかる時間や手間などは変わりませんし、O脚を改善することが成長ホルモンの分泌を活性化してくれるというわけでもないので、O脚改善に適した年齢というものは存在しないと考えることができます。

矯正しやすいかどうかは、年齢や成長ホルモンの分泌量で決まるのではなく、どこまでO脚が進行してしまっているか、その重度によって決まります。

ただし、矯正することによって本来の身長に戻ることはできますし、足がまっすぐになることでスタイルが良くなったように見えるので、ファッションをより積極的に楽しめたり、自分の体型に自信を取り戻すことは十分に可能です。