MENU

短期間でO脚を治すことは可能?

短期間でO脚を治すことは可能?

生まれた時から先天的な異常のためにO脚という人もいますが、ほとんどの場合には生活習慣や癖など後天的な原因によって脚が湾曲してしまいます。

それまでは真っすぐだった足が、ある日突然アーチ状に湾曲してしまったということはなく、毎日のクセや生活習慣によって少しずつ湾曲が進行してしまいます。

スポンサーリンク
 

O脚になるまでに時間がかかっているため、矯正する場合にも長い期間がかかることを覚悟で改善法に取り組みたいものです。

しかし、効率的にO脚を根本的な部分で改善できる方法なら、短期間でも大きな効果を実感することができます。

その方法はいろいろありますが、両足の内側にグッと力をかける方法がおすすめです。

足をくっつけて直立した時に、O脚の場合には膝小僧の部分はくっつきませんし、くっつけるためにはかなり足の内側に力を入れなければいけません。

O脚矯正に必要な筋力を鍛える方法

そこで足の間に本を挟んだり小さなボールなどを挟み、落ちないようにグッと足の内側に力を入れることによって、O脚矯正に必要な筋力を鍛えることができるので、短期間でも効率的な矯正効果が期待できます。

短期間で改善できるかどうかは、どのぐらいO脚が進行しているのか、その度合いによっても異なります。

軽度の場合には、1週間ぐらい改善ストレッチをしてすっきりと解消できる人もいます。

しかし、足をそろえて立った時に、膝だけでなくくるぶしや太ももなどの間にも隙間ができていて、足全体が大きくアーチを描いているような湾曲をしている場合には、どんな方法でも短期間でスッキリ改善することは難しくなります。

この場合は、専門家に相談しながら気長に矯正治療に取り組む必要があります。

どんな重度でも、毎日コツコツと正しい方法で治療を行えば、少しずつ改善することができます。

あきらめずに継続することが、O脚の矯正では必要なのです。

治療法に励むだけでなく、これ以上O脚をひどくしないような歩き方や座り方、姿勢をマスターできるように心がけることも、大きな効果が期待できます。