MENU

O脚を改善できる立ち方

O脚を改善できる立ち方

O脚の原因は、骨盤の開きによって足のほねが湾曲してしまうことです。

そのため、O脚の人のほとんどは、骨盤が開いているために体の重心がゆがんでいたり、建っている時にも重心が正しい位置に維持できないことが多いものです。

スポンサーリンク
 

O脚は放置していると、自然治癒出来ないどころか、体の重心が負荷となってますます骨格のゆがみが悪化してしまう可能性もあります。

できるだけ短期間に歪んだ足の骨を元の正常な状態へと戻したい場合には、まずは立ち方をしっかり見直して、重心が正しい位置にくるように心がけましょう。

O脚を改善できる立ち方を知るためには、まず壁に背中をつけてまっすぐに立ってみてください。

O脚がひどい人は、お尻は壁にくっつくけれど、背中と頭が壁につかなかったり、背中と頭を壁につけると、何となく違和感を覚える人が少なくありません。

正常な立ち方とは

正常な立ち方というのは、壁に背中をつけて立った時に、お尻と背中と頭の3点が無理なく壁についている姿勢となります。

自分の姿勢を自分でチェックすることは難しいので、まずは壁に背中をつけて立つ練習から始めてみてください。

ここで注意するのは、壁についているお尻をキュッと引き締めるようにイメージすることです。

また、両足は真っすぐ正面でも良いのですが、つま先を内側に少し向けてハの字を作るのも良いでしょう。

O脚の人はつま先が外側を向きやすいのですが、その姿勢ではO脚がますます悪化してしまうのでNGです。

この立ち方は、慣れるまでは違和感があったり、体がまっすぐになっていないような錯覚に陥ることがありますが、慣れるうちに自然と楽に立ち続けていられるようになります。

慣れるまでは一日何回でも練習するようにしてください。

一回当たりの練習は、大体3分間ぐらいを目安にして、体に正常な姿勢を記憶させるように心がけると良いでしょう。

また、骨盤を前に出すようなイメージで立つようにすることも、O脚改善効果が期待できる立ち方です。