読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

O脚を改善できる歩き方のポイント

O脚を改善できる歩き方

O脚になると、両足が外側に向かってアーチを描くように湾曲するため、体の重心がとりづらくなります。

そうなると、歩いた時に体の重心が左右に振れやすくなり、そうした歩き方がさらにO脚を悪化させる原因にもなってしまうのです。

スポンサーリンク
 

O脚は放置していると、自然治癒出来ないどころか、体の重心が負荷となってますます骨格のゆがみが悪化してしまう可能性もあります。

人間は毎日の生活の中で「歩く」と言う動作をすることがとても多いですし、中には歩く時間が長い人も少なくありません。

歩き方を見直して、O脚にならないような歩き方を心がけることができれば、普段の生活の中でもO脚の予防ができますし、現在のO脚をこれ以上ひどくせずに少しずつ改善することも可能です。

O脚矯正の効果がある歩き方のポイントをいくつかご紹介しましょう。

ポイントは重心のブレ

まず、O脚の特徴である「重心のブレ」は意識して変えなければいけません。

歩くときには、まず顎をしっかり引いて、上から頭をつられているような感じで背筋をピンと張って立ちましょう。

その状態で重心は常に体の中心に来るように心がけながら、できるだけ真っすぐ歩くのです。

歩く際には、頭の中で足をクロスさせながら歩くような、いわゆるモデル歩きをイメージしてみるのも効果的です。

右足を前に出す時には、気持ち左側に寄せて出し、足の内側に力が入るような感じで真っすぐ足を伸ばします。

そして、左足を前に出す時には、気持ち右側に足を寄せてスッと出し、足の内側に力を入れて膝が曲がらないように意識してみてください。

最初は歩きづらいと感じる場合でも、慣れるとその歩き方が自然にできるようになります。

また、歩き方がベタベタするのはNGです。

O脚の人の中には、体の重心をうまく維持できないために歩くときに靴底がペタペタと音を出したり、逆に飛び跳ねるような歩き方になってしまう人もいます。

こうした歩き方をしている人は、できるだけ意識しながら、スッと颯爽と歩けるように練習するのも良いでしょう。

歩き方だけでなく、立ち方や座り方も合わせて見直すと、より短期間でO脚を効率的に矯正できます。