読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

O脚とXO脚の違いとは?

O脚とX脚

正常な脚の場合には、両足をピッタリくっつけて立つと、膝小僧もふくらはぎもピッタリくっつきますし、くるぶしの辺りもほとんど隙間があきません。

しかしO脚の場合には、足全体が外側にアーチを描いているような状態になるため、膝小僧はくっつきませんし、症状が重度になるとくるぶしや太ももの間にも隙間ができてしまいます。

スポンサーリンク
 

一方、X脚の場合には膝小僧がピッタリくっつきますが、膝から下が離れてしまいくるぶしの間に大きな隙間ができてしまうという特徴があります。

O脚とX脚は、どちらも骨が湾曲している状態のことですが、中にはO脚の要素もX脚の要素もどちらも持っている人がいます。

これが、XO脚と呼ばれる脚の形です。

XO脚の特徴

<pXO脚の場合には、膝から上はX脚と同じように太ももの間に少しだけ隙間ができるものの、膝小僧はピッタリとくっつきます。

しかし、膝下はO脚のように外側に向かって湾曲しているため、正面から見ると足が離れているような状態に見えてしまいます。

XO脚は、若い女性に多く見られる脚の形で、太ももの内側の筋肉が強いことが特徴です。O脚と比べると膝から上はそれほど隙間があいているというわけではありませんが、膝よりも長めのスカートをはくと、スカートの下から出ている足がガニ股のように見えてしまうというデメリットがあります。

また、この脚の形は血行が悪くなりやすく、冷え性やムクミの原因となりやすいという特徴もあります。

ちなみに、下半身デブで悩んでいる女性の多くは、XO脚だと言われています。

XO脚はO脚の一部と言うわけではなく、まったく異なる原因や矯正方法となります。

そのため、自分の足がO脚かXO脚か分からない人は、無理に自己判断で改善するよりも、一度専門家に見てもらって正しい判断をしてもらってから、適切な矯正方法で少しずつ改善したほうが良いでしょう。

無理に矯正しようとすると、膝を傷めてしまったり、他の骨格や筋肉などを傷める原因となってしまうので注意が必要です。