MENU

ヨガでO脚が改善できる?

ヨガでO脚矯正

O脚になってしまう原因は、骨盤の開きが原因で太ももの骨が湾曲してしまう事です。

O脚は遺伝性のものではないため、生活習慣や日常生活の中に原因が潜んでいることが多く、根本的な原因を解消することがO脚矯正につながります。

スポンサーリンク
 

体のゆがみやずれを解消する作用があるヨガは、ポーズによっては足のゆがみや湾曲をすっきりと解消して、正しい位置へと戻す作用があるので、O脚で悩んでいる人はぜひ試してみてください。

O脚矯正におすすめのヨガポーズ

まず、比較的初心者でも簡単にできるのが「片足立ちのポーズ」です。

「木のポーズ」とも呼ばれていて、ヨガを始めたばかりの人でも簡単にできますし、難しくないのでぜひマスターして、隙間時間を利用してこまめに実践してみましょう。

このポーズは、まず両足を床にピッタリつけて直立した状態から、右足をまげて足裏を左足の付け根までリフトアップします。

腕は左右の手のひらをつけて、合掌のポーズを取りながら両腕をまっすぐ上に伸ばし、上から引き上げられているようなイメージで真っすぐ上にストレッチしてください。

この状態を30秒ぐらい、グラグラせずに維持できればOKです。

体の重心がずれていると、右は簡単にできても左がなかなかできないなど、やりやすい側とやりにくい側があることが多いものです。

やりにくい側を集中して実践するのも良いですし、左右どちらも問題なくポーズを決められるように、毎日継続してくださいね。

このポーズは、ヨガのポーズの中では初心者でも比較的トライしやすいポーズですが、慣れないうちはなかなかうまくできないものです。

無理をしてストレスをためてしまったのでは長く続けづらいですから、無理をしない範囲で、毎日楽しく続けられるように工夫するのも良いでしょう。

ヨガは体の表面の筋肉ではなく、骨に近い体幹部分の筋肉を鍛えることができるエクササイズの一つです。

足の彎曲も少しずつ改善できるだけでなく、骨盤をしっかり閉じて下半身の冷えやムクミなども起こりにくい体質へと改善できます。